TOP » 注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 見学から新築完成までの流れ

見学から新築完成までの流れ

注文住宅が完成するまでの流れは?

一般的に、注文住宅の検討を始めるところから引き渡しまで、おおよそ1年かかるといわれます。その間、具体的にどのような流れで家づくりが進むのかを説明しましょう。

【STEP1】資金計画を立てる

注文住宅を検討する際、いちばん大切なのが「予算」。どんな家に住みたいかを決める前に、まずは収入から返済計画や自己資金として調達できる金額を確認し、家づくりにかける予算を決めます。

ローン返済計画の立て方などわからない点もあるかもしれませんし、将来、家族構成の変化で収支バランスが変わることも想定されます。こうした不明点は、住宅展示場やモデルハウスのスタッフに質問しながら確認していくとよいでしょう。

【STEP2】会社選び~ヒアリング

資金計画がある程度まとまったら、「どんな家に住みたいか」という要望を家族で話し合いながら出していきます。外観イメージ、子ども部屋や書斎など間取り、設備など、家族の要望をまとめていきます。すべてを叶えると予算オーバーになる可能性もありますので、譲れない要望、妥協できる要望など優先順位をつけておくと、後のハウスメーカーとの打ち合わせがスムーズです。

こうした要望を持って、住宅展示場などで各ハウスメーカーが建てる注文住宅の特徴をチェックしながら、スタッフの方にプランを依頼し、自分にピッタリな会社を探します。なお、見積もりを取る際は複数の会社に依頼しましょう。

【STEP3】契約~打ち合わせ

ハウスメーカーからのプラン(設計図書や仕様書など)や見積書を見比べて、依頼する会社を決めたら請負契約を結びます。ここからが、本格的な家づくりのスタート。外観や内装の空間イメージ、設備や仕様などプラン内容の詳細を詰めていき、設計を完成させます。

【STEP4】着工~完成・引き渡し

設計が完成したら、施工工事です。地鎮祭を終えたら基礎工事、棟上げ、内装工事、電気工事と進んでいきます。工事現場に何度か足を運び、不明点や要望などがあれば現場の人に相談しましょう。設計にない個所でも、場合によっては対応してもらえることがあります。

完成したら、最後に工事責任者や担当スタッフと一緒に竣工検査。ここで不具合を見つけたら、その場で修理を依頼しましょう。問題がなければ完了検査済証と保証書を受け取り、鍵の引き渡しです。

【STEP5】アフターサービス

完成後のアフターフォローも、注文住宅メーカー選びの重要なポイントです。定期点検の際などに、住み始めてから気付いた不具合があれば速やかに対応してもらいましょう。

【次のページ】
失敗例から学ぶ
家づくり成功のポイント

       香芝市の注文住宅イメージ
       

香芝市で注文住宅を建てたい方のために、家づくりのテーマごとにオススメのハウスメーカーや工務店をピックアップしました。各社の家づくりの特徴をぜひご覧ください。

   おすすめ3選を見る