TOP » 注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識 » すまいに関する賢い資金計画

すまいに関する賢い資金計画

想像以上に費用がかかる住宅購入

注文住宅を建てる際にかかる費用は、いくつかの段階にわけて支払うことになります。建設費を全額キャッシュで支払う場合には、工事の出来高に応じて支払うことになっており、着手時に建設費の1/3、上棟時に1/3、引渡時に残高を支払うのが通例です。

ただ、多くの方は住宅ローンで返済されるでしょう。ローンの場合は、引渡時から支払うことになりますが、建てる前にも土地の購入費や手付金(契約金)が必要ですし、固定資産税などの税金、修理・メンテナンス費なども考慮する必要があります。無理のない返済プランを立てるためにも、失敗しない資金計画の立て方を説明しましょう。

家を建てる前にかかる費用

土地と建物を別々に購入される方は、「土地の購入費用」が必要です。ローンでも購入できますが、契約時には「手付金」が必要。手付金は、土地代の5%~10%が一般的です。また、不動産会社への「仲介手数料」や「登記費」などの諸費用もかかります(土地代の約10%)。

さらに、「土地測量費」や「地盤調査費」、給排水や電気・ガスなどの「インフラ工事費」なども必要になることがあります。注文住宅の建築費に関して、住宅ローンを利用する場合でも契約時に「手付金」を支払うのが通例です。一般的には、全工事費用の10%程度とされます。

建てた後にかかる費用

住宅ローンで購入する場合には、工事にかかるすべての費用から手付金を差し引いた残額を返済していきます。ローンを借りる際には、金融機関に支払う「融資手数料」が3~5万円かかります。

また、土地と同様に「登記費」が必要ですし、「引っ越し費用」も見据えておきましょう。さらに、住み始めてからは電気・ガス・水道などの「光熱費」、将来的には「修理・メンテナンス費」や「リフォーム費」も踏まえておく必要があります。

住宅に関わる税金

忘れてはいけないのが税金関係です。建物完成時には、土地と同様に「印紙税」や「登録免許税」、「不動産取得税」が必要です。また、住み始めてからは、「固定資産税」「都市計画税」が毎年かかります。さらに、物件を子どもなどに譲る場合には「贈与税」「相続税」などもかかります。

資金計画と住宅ローンの基本

資金計画は、子どもの成長にあわせて考えるのが基本でしょう。とりわけ教育費は、高校や大学などに進学するころが支出のピークとなり、年間で数百万円かかることが想定されます。そのときに備えて、住宅ローンも無理なく返済できる計画を立てるのがポイントです。

住宅ローンの支払方法には大きく、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2つにわけられます。元利均等返済は、完済まで毎月一定の金額を返済する方法。資金計画が立てやすいですが、総返済額は高くなるのがネックです。一方、元金均等返済は初期の返済額が高く、返済期間が経つにつれて安くなっていく方式。総返済額が元利均等返済より安いのも特徴です。

こうした返済プランも無理のないよう計画していくことが重要です。注文住宅会社には、ファイナンシャルプランナーなど資金面でアドバイスをしてくれるスタッフがいるところもあります。資金計画に行き詰まったら、相談してみるのもよいでしょう。

奈良県の住宅関係の補助金

奈良県では、ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)や太陽熱利用システムを導入するすまいに対して、「スマートハウス普及促進事業補助金」という補助金制度を設けています。例えば、定置用リチウムイオン蓄電池を導入する場合は10万円、太陽熱利用システムなら3~9万円の補助が受けられます(平成30年度の場合)。

【次のページ】
地震に強い家と弱い家の違い

       香芝市の注文住宅イメージ
       

香芝市で注文住宅を建てたい方のために、家づくりのテーマごとにオススメのハウスメーカーや工務店をピックアップしました。各社の家づくりの特徴をぜひご覧ください。

   おすすめ3選を見る